唇側矯正

 

クリアブラケット 
セラミックやプラスチックのブラケットに金属のワイヤーを挿入して

歯を動かす方法で、最も一般的なものです。

        DSC_1563.JPG                   

メタルブラケット         
金属のブラケットにワイヤーを挿入したタイプです。
目立ちやすいですが、丈夫で壊れにくい特徴があります。

        DSC_0039.JPG

舌側矯正

             p07.jpg

 

 表からは見えない歯の裏側にブラケットをつけて、そこにワイヤーを通して歯を動かすものです。装置が見えない利点がありますが、違和感が大きいため食事やブラッシングがしにくくなることや、見えにくい分調節時の診療時間がかかることなどが欠点です。

床矯正装置

針金で歯に維持を求めた、自分で取り外せるタイプの矯正装置です。
装置にねじやバネを組み込んで、あごの幅を広げたり部分的に歯を押し出したりできます。
取り外せるので食事や歯磨きの時は楽ですが、その分使用時間をしっかり守っていただかないと歯が動きにくいです。
また、ブラケットなどで歯を動かし終わった後に使用する、後戻り防止の装置(リテーナー)もこのタイプです。

 

インビザライン

logo_test.gif  

                 

            invi.gif

 

→続きを読む

クリアアライナー

 

                      20090906.jpg

→続きを読む

ムーシールド

                muh01.jpg      

→続きを読む

矯正用インプラント

  sn_00000246.jpg  sn_001.jpg


  歯を移動する時の固定源として、顎骨に直径約1mmのチタン製インプラントを埋入します。 

その他

 

@ ヘッドギア
A フェイスマスク
B 顎間ゴム