ガタガタ ・ 八重歯 (叢生)

            DSC_0023.JPG                new1.JPG

   アゴの大きさと歯の大きさのバランスが悪い場合や、乳歯が虫歯で早期脱落した場合に、ガタガタになります。見た目に美しくないだけでなく、歯みがきもしづらいので虫歯や歯周病のリスクが増えます。

出っ歯 (上顎前突・下顎後退)

              図1.png                 図2.png

 上の歯が出ている状態です。前歯で物がかみにくいことや、唇が閉じにくくお口の中が乾燥しやすくなり、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなります。程度によっては歯を抜く必要があります。

受け口 (下顎前突・上顎劣成長)

       図9.png        図10.png

 下の歯が上の歯よりも前に出ている状態です。歯の軸がずれて受け口になっている場合と、下アゴ全体が骨格的に前にずれている場合、または上アゴが劣成長の場合があります。骨格的にズレが大きい場合は手術を併用した矯正治療が必要になります。

口元が出ている (上下顎前突)

         図3.png  図13.png         図5.png  図12.png

 上下の歯がともに前に出ている状態で、口元の突出感があります。見た目の問題だけでなく、唇が閉じにくいことからお口の中が乾燥し、虫歯、歯周病、口臭などの原因にもなります。唇を閉じたときに梅干のような、あご(オトガイ)の筋肉の緊張が見られます。

前歯がかみ合わない (開咬)

             DSC_0050.JPG                  e.JPG  

   歯を咬んだ状態で上下に隙間がある不正咬合です。舌癖が大きく関係していることがあるので、矯正治療と同時に舌のトレーニング(筋機能療法)も必要です。また、開咬の程度によっては手術を併用した矯正治療になる場合があります。

歯が出てこない (埋伏)

              DSC_0184.JPG                  DSC_0187.JPG       

 レントゲン上で永久歯の位置に問題があり、そのままでは自然に生えることができない場合、歯茎を切って中の歯に装置をつけ、矯正力をかけて牽引することがあります。歯茎を切るときに麻酔をして外科処置を行いますが、傷口が治ってしまえば痛みはさほど強くありません。隣接する歯の根っこの部分との位置関係によっては牽引できないケースもあります。