ご挨拶

 

はじめまして。

矯正歯科治療を担当しております、藤本慶子です。

矯正治療と一言で言っても、患者さん一人ひとりに違った歯並びやかみ合わせの悩みがあるので、治療の内容も様々です。最近では歯科診療所も多数あり、インターネットの普及に伴い、様々な情報が得られます。しかし、ご自分の歯やお子様の歯並びが気にはなっているけれど、具体的に矯正治療はどんなものなのか、どこで治療を受けたら良いのかなど躊躇している方も多いのではないでしょうか。

歯並びやかみ合わせが悪いことで、いいことはひとつもありません。事実、矯正治療には時間や費用もかかり、患者さん自身やご家族の方々の協力が必要です。ご自分の歯、ご自分の健康にきちんと向き合い、しっかりと自覚を持って治療を続ける必要があります。 

しかし、その努力のあとでより健康的に、笑顔で生活できるようになることは、なにものにも変えがたい喜びになると思います。

 患者さまが笑顔で矯正治療のゴールを迎えられる日まで、私たちスタッフ一同、力を合わせてサポートしていきたいと思っています。皆様に矯正治療をしてよかったな、と最後に思っていただけるよう、努力してまいります。

  okada_keiko.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院のご紹介

医院概観.JPG 医院概観2駐車場5台完備.JPG 受付01.JPG

       外 観            駐車場5台完備           受 付

002.JPG 001.JPG  ブラッシングコーナー01.JPG

       院 内              診療台          ブラッシングコーナー

 

<バリアフリー対応>

車椅子・ベビーカーの方でも安心

<日本大学歯学部付属歯科病院・医学部付属病院・東京女子医科大学病院 他との提携>

 

 

最新のデジタルレントゲンシステムを導入いたしました

当院のデジタルレントゲンシステム
p_xera_smart3d.jpg
syorei_01.jpg
  syorei_03.jpg
 
パノラマ撮影
お口の中全体を見るレントゲン撮影方法です。
当院では最新のデジタルレントゲンを採用,導入いたしました。
最小80μmのボクセルサイズで、最新の技術により高画質な診断が
可能となりました。
また低線量ハイスピード撮影により、従来のレントゲンと比べて
被曝量を大幅に抑えることにができるようになりました。
また、すべての診療台(ユニット)に設置しているモニターで、
撮影後瞬時に見ることができるため、現像などの待ち時間がなくなり、
すぐにレントゲンの診断と説明が可能となりました。
 
  
 
セファロ撮影
矯正歯科治療で必要となる頭部X線規格写真の撮影も
大学病院などの放射線科にいかずに当院で撮影することができます。
セファロ撮影も従来のフィルムタイプに比べてデジタルによる
撮影となりますので、高画質、低線量と患者様にも
より安心していただける撮影が可能となりました。
 
  
 
歯科用3D CT
これまでの画像診断は二次元画像を撮影し判断していましたが、
歯科用3D CTは歯やあごの骨を3次元で見ることが可能となります。
平面ではわからなかった病巣や埋伏している親知らずの状態、
あごの骨の中を走行する神経管の位置、
上顎洞という上あごにある空洞などあらゆる診断に
正確なインプラント治療や矯正歯科治療に
 役立てることができるようになりました。
 

日本矯正歯科学会

公益社団法人 日本矯正歯科学会のホームページ

矯正歯科についての解説やQ&A 

http://www.jos.gr.jp/about/

学術大会参加

●東京矯正歯科学会 春季セミナー 

 「混合歯列期の矯正治療〜効果的な結果を得るために〜」 平成27年4月16日

 

●第73回 東京矯正歯科学会 学術大会 平成26年7月10日

 

●Efectiveness,Stability and Biological fairness in Orthudontics 

 Dr.Franco Bruno セミナー

 

●日本矯正歯科学会 2012年9月26日〜28日

  第71回 日本矯正歯科学会大会 盛岡

 

●American Association of Orthodontists (アメリカ矯正学会)

 第112回 AAO年次総会 2012年5月4日〜8日 

TOOTH FAIRY に参加します

T.F_カラー横.jpg

 

TOOTH FAIRYプロジェクト に当院も参加します。


TOOTH FAIRYプロジェクトとは、

  http://www.nippon-foundation.or.jp/toothfairy/index.html

日本財団と日本歯科医師会が行う社会貢献プロジェクトです。


歯科治療により不要となった金属(金・銀・パラジウム等)を全国の登録歯科医院から回収し

これらで得られた資金を、100%「学校建設プログラム」と「小児がんプログラム」に活用するというものです。


患者さまとともに小さなことですが、社会貢献出来たら・・・・と考えております。


患者様のご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

→続きを読む